TOEIC® L&Rテストワンポイントレッスン

  1. ホーム
  2. TOEIC(R) L&Rテストワンポイントレッスン
  3. 第1回 前置詞と接続詞の判別

第1回 前置詞と接続詞の判別

問題以下の空所(  )に入る単語を選択肢A~Dから選んでください。
As there was a typhoon coming Mr.Wellington was not sure (  ) the company's annual party would be held as scheduled.
  • (A) of
  • (B) with
  • (C) even
  • (D) whether

解き方

STEP1
選択肢を見る。
前置詞(A)(B)、副詞(C)、接続詞(D)が並んでいる。
STEP2
前置詞(A)(B)、副詞(C)、接続詞(D)が並んでいる場合
⇒ 空所の直後が、節(S+Vを含む語句の塊)か句(S+Vを含まない語句の塊)かをチェックする。
STEP3
the company's annual party would be held で節ができているので、
唯一の接続詞(D)が正解。
前置詞である(A)(B)の後には句しか続きません。
副詞(C)も接続の働きがないので、解答として不適切です。

解答とポイント

正解
(D)whether
和訳
台風が近づいているので、ウェリントン氏は会社の恒例のパーティが予定通りに開かれるかどうか確信がなかった。

この問題で読む必要があるのは、
sure (  ) the company's annual party wouldだけです。
be sure of のコロケーション(よく用いられる単語の組み合わせ)を見慣れているせいか、(A)of を選んでしまう人が多い問題ですが、文構造をとれれば、意味をほとんど取らずに数秒で確実に選べる問題です。そのためには、どういう語句が接続詞で、どういう語句が前置詞なのかを学習した後、実践練習問題を何題も解いて定着させる必要があります。

日米英語学院でTOEIC® L&Rテストのスコアアップを目指しませんか?

あなただけの学習カリキュラムと受講料をご提案致します。
ご希望の方には無料体験レッスンも受けて頂けます。下記フォームよりお気軽にご予約下さい。
今ならインターネットからのご来校の予約で10,000円分の割引券を差し上げます!

  • スクール説明会・体験レッスンのご予約
  • 資料のご請求
お問合せはこちらまで
日米英語学院梅田校
お問合せはこちらまで 0120-339-033
営業時間 | 平日 10:00~21:30 / 土 9:00~19:30 / 日 10:00~17:00 / 祝日 休
アクセス | JR大阪駅、阪急・阪神梅田駅より徒歩2分梅田阪急ビルオフィスタワー26F
  • キャンペーン1
  • 英語にまつわるアレコレ知識を発信するメディア KotsuKotsu

ページの先頭へ

  • ページトップ
  • HOME
  • 資料請求
  • 説明会予約